各教科の取り組み
Shonan Shirayuri Education

各教科の取り組み

基礎基本の定着の上に立った
発展学習を心がけています。
1・2年時に、国語・算数の反復練習を
毎日行い、自然と学習習慣が
身に着くように指導します。
3年生からは、教員の専門性を生かした
教科担任制となり、
探究的な学びを深めています。

国 語

Japanese

国語は、言語能力を身につけ、様々な場面で活用することで、豊かな人間性を育みます。「読む、書く、聞く、話す」の四つの領域を、授業の中に取り入れています。六年間でカリキュラムが系統化され、思考の枠組みを学びます。一年生から基礎学力を養い、漢字、日記、作文、読書指導をしています。また、学年に応じて暗唱、辞書引き学習、スピーチ、ディベート、調べ学習等を行い、高学年では更に基礎学力の上に応用力をつけます。読解の学習にも力を入れ、論理的思考力が身につくように指導していく中で、高い学力の育成を図ります。

国語の授業の様子

算 数

Arithmetic

算数は、学習内容や考え方を学年ごとに積み重ねることが必要な教科です。教科書を基本とし、内容の定着を図るため、全学年「思考のあとが見える式を書く」「計算を丁寧に確実に行う」の2点に重点を置いて指導しています。低学年では、『百玉そろばん』や『パターンブロック』、『キズネール棒』などの具体物を使用し、抽象的な概念を目に見える形にすることで、理解しやすくなるように授業を工夫しています。中学年からは、教科担任制を取り入れ、探究的な学びを深めていきます。高学年では、学校独自の問題集を使用しながら応用問題に取り組み、考える方法を知り、根拠に基づいて思考する力を育てています。

算数の授業の様子

英 語

English

英語科では「正しい発音を身につけ、英語を使って表現できる力を育てる」という目標に向けて、週2時間の授業を行っています。ネイティブスピーカーと日本人教師が英語を使ったやり取りをしながら、自然に子供たちに英語をインプットできるように、長年Team Teachingに取り組んできました。低学年では、正しい発音を身につけるために、児童一人一人の発音練習を大切にしています。また、楽しみながら英語に親しめるように、歌、チャンツやゲーム、物語の暗唱など様々な活動を取り入れています。学年が上がるにつれて、スピーチ、ペアワーク、グループワークを増やし、英語を使って表現できる力を育てていきます。

英語の授業の様子

情 報

IT Skills

情報活用能力は、学習の基盤となる資質・能力の一つです。本校では3年生から情報の授業があります。情報科では、タブレットやパソコンの取り扱い・タッチタイピング等を基本とし、調べもの・ポスター作り・プログラミング・発表スライド製作等を通して、情報を主体的に収集し、受け手のことを考えて発信・伝達できる力を育んでいます。令和2年度からは、GoogleClassroomの活用も始まりました。自宅と学校をつなぐツールとして、お知らせを確認したり、課題の続きをしたりすることができます。また、情報社会の一員としてのマナーやモラル、写真撮影時の肖像権、著作権についても指導しています。

情報の授業の様子

理 科

Science

理科の学習では、自然科学に親しみ、科学に対する興味・関心を育てることが大切だと考えています。本校では、実験や観察の時間を多く確保し、子供たちが具体的な見通しを持って問題解決をすることにより、科学的な見方や考え方を育てています。また、地層見学や星空観察会などの体験を通した活動にも力を入れています。

社 会

Social Studies

社会科は、地域社会や我が国の国土と歴史に対する理解と愛情を育てる教科です。本校では「身のまわりの社会的事象に興味・関心を持ち、自ら調べ、学習していく力を育てる」という教科目標のもと指導しています。また、各学年において市場・漁港・工場見学など体験的に社会をとらえることも大切にし、学習に取り組んでいます。

音 楽

Music

音楽では「よい発声を身につけ、大きな声で歌う表現力を育てる」を目標に、歌やリコーダーを中心に学んでいます。湘南白百合で行われる行事の多くに音楽が取り入れられ、のびやかな歌声が響き、心豊かな時間を過ごすことができます。音楽会では、一人一人の力が発揮され、和太鼓や合唱、合奏を楽しんで関わる子供たちの姿が見られます。

音楽の授業の様子
音楽の授業の様子

体 育

Physical Education

体育は技能を高め、友人と学び合いながら学習する教科です。6年間をかけてスモールステップを重ねて系統立てた指導を行っています。その中で、「自己の課題を見つけ、解決していく能力を育てる」「体力の向上を目指し、友達と協力しながら取り組む力を育む」ことを目指して学んでいきます。

図 工

Arts and Crafts

図工では、一人一人の個性を大切にし、豊かな感性と探究心を高めることによって、のびやかに自己表現できる力を育んでいます。また他教科とのコラボ授業を通して、進んで表現活動に取り組むことができるように指導しています。3学期には、「学習発表会」が開催され、一年間の学習の成果を発表する貴重な機会となっています。

毛筆の授業の様子
宗教の授業の様子

生活科

Living Environment Studies

生活科では、多くの体験の中で、自然や事象に興味を持ち、意欲的に生活することができる子供に育ってほしいと考えています。新江ノ島水族館で海の生き物について学んだり、自分自身の成長を振り返って周りの方々の支えに感謝を込めてスピーチしたりなど、活動を重視した取り組みの中で、学びを深めていきます。

家庭科

Domestic Science

家庭科では、実践的な活動を通して、日常生活に必要な力を系統的に育てています。5年生では刺繍の基礎を学習し、6年生ではそれらを応用し、刺繍が施された袋を作ります。カレーライス作りなど、校外学習に合わせた調理実習も行っています。

宗 教

Religion

1年生は神様のこと、2・3年生はイエス様の生涯やたとえ話、4・5年生は旧約聖書を学び、6年生は神様との関わりの中で、自らも貴い存在であるという自己認識を深めます。神様と人を愛することや祈りの大切さを知り、神様に望まれている生き方について考えます。

宗教の授業の様子

毛 筆

Calligraphy

3年生は週に1時間、4年生以上は隔週に1時間、毛筆の授業があります。教科書で、基本の筆づかいを学習し、自分で課題を見つけながら練習をします。6年生は、学習の集大成として、「心に浮かぶ言葉」を書き、学習発表会で展示をします。1月には、広い廊下で書き初めも行います。全国書画展覧会、全国書初大会に出品しています。

毛筆の授業の様子

図 書

Reading

図書の目的は、児童一人一人が、必要に応じて図書資料を使えるようにすることと、様々な「おはなし」を通して想像力を働かせ、心の豊かさを築いていくことです。低学年の授業で行われる詩や言葉遊びからは、言葉のもつリズムの楽しさを、「おはなし」からは、物語の楽しさを学びます。また、知識の本から得た情報を人に伝える方法も学びます。中・高学年になると、目次・索引も含め本のつくりや資料の見方について学んでいきます。

図書室の様子

図書室は、
知識の宝庫

Library

1・2年生は、週1回図書室で授業を受けます。本には色々な種類があることを知り、自分が必要とする情報を探し出せるように『図書館の使い方』を学びます。3年生から6年生は、読書会を通して、本の作り手である作家の方や、編集者、また、研究者の方にも出会う機会があります。学問への扉は、好奇心から開くことを伝えています。

総 合

Integrated Study

自ら課題を見つけ、情報を収集したり、整理してまとめたりして、探究的な学習をしています。まず、学年に応じてインタビューやアンケートなどを行い、次に、本や新聞などを活用し、自分の考えをまとめます。友達と協力して活動することで、コミュニケーション力も身につきます。

総合の授業の様子
総合の授業の様子