よくあるお問い合わせ
Q&A

よくあるお問い合わせ

皆様から寄せられる
よくあるご質問を
掲載しております。

通学時間に
制限はありますか?

特に制限は設けていませんが、所要時間が1時間ぐらいを目安と考えております。

保護者と学校との関わりは
どのようなものがありますか?

行事の参加、授業参観、保護者会(全校、学年で年間1回程度)、クラス懇談会(年間1回)、担任との面談(年間2回)、登下校時の交通指導ボランティア(年間1回)、宗教講演会(父親向け、母親向け、それぞれ年間10回程度、希望者による参加)、ベルマーク整理(2年生保護者希望者)などの機会があります。

併設中学校への
進学はできますか?

一定の基準を満たすことで、進学することができます。

給食はありますか?

ありません。基本的には、ご家庭から心のこもったお弁当をご持参いただいています。都合によりお弁当を持ってこられない場合は、お弁当やパンを注文することもできます。

入学にあたり、
保護者がキリスト教について
詳しくなくても、
大丈夫でしょうか?

本校が、キリスト教的精神に基づいた学校であることにはご理解とご協力をお願いいたします。また、保護者の方々を対象に、キリスト教の考え方に触れていただくことを目的とした講話会を開催しております(自由参加・月1回程度)。

津波に対する基本方針について
教えてください。

本校の津波に対する基本方針は、次のようになっています。まず、地震が発生したら震源地を確認します。震源地が近い場合は、津波は大きくないのですが、すぐに津波が到達する可能性があるので、校舎3階に避難します。震源地が遠い場合は、大津波が来る可能性があります。しかし、到達に時間がかかるので、高台に避難します。津波の高さは地震発生後すぐには分かりませんが、津波の到達時刻は正確に分かります。そのため、何分で到達するか情報を得て、避難先を判断することができます。その際に、判断を下す教員、避難誘導する教員など、あらかじめ役割分担を決めておくことで、いざという時に、迅速な対応をとることが可能になっています。

学校で避難する場合、
どのような防災備品が
用意されていますか?

各教室には、懐中電灯、乾電池、ロープ、ハサミ、カッターナイフ、軍手、ブルーシート、ポリ袋などが置かれています。また校舎内には、組み立て式の簡易トイレや毛布など、十分な備えがあります。防寒用のアルミシートは、全校児童分を用意しています。非常食は、全校児童が3日間食べられる、9食分の量を保存しています。

転・編入学試験について

本校では、転・編入学試験は名簿登録制になっています。欠員が生じた時に随時、名簿に登録いただいた方へ連絡を差し上げて、試験を実施いたします。

転・編入学試験の内容について

国語、算数の筆記試験と、親子面談を実施いたします。

帰国子女編入学試験について

募集人員:1学年〜4学年(随時)。詳細については学校(0466-22-0200)までお問い合わせください。

保護者の海外赴任などに伴う
休学・復学について

詳細については学校(0466-22-0200)までお問い合わせください。

学費について教えてください。

(2021年度の学費)
授業料:435,600円
施設設備費:144,000円
年学費合計:579,600円